2020年3月23日月曜日

賞与支払届(再改良)

本日は、賞与支払届の再改良についてお知らせします。

いつも見えないところも徐々に改良しておりますが、今回は賞与支払届の改良です。
賞与額が1千万円以上の場合、これまで手入力で「9999999」と訂正し送信する必要がありましたが、自動的に電子申請可能な状態に変更し、送信することが可能となりました。
現物支給がある場合も同様です。

あまりないかもしれませんが、ちょっと改良です。
地味に、お役に立てれば。

因みに、4月からの子供手当拠出金料率変更対応済みです。

お知らせまで。


2020年3月11日水曜日

社会保険電子申請取り下げ機能

これまで電子申請では雇用保険のみ取り下げを行うことができました。

令和2年2月28日のある一定時刻以降から、社会保険でも電子で取り下げが可能となりました。
弊社併設社労士事務所で、実際に社会保険の申請を電子で取り下げしてみたところ、「手続終了(取り下げ済み)」で処理されました。
社会保険の取り下げはこれまで電話でされていたと思います。少し便利になりましたね。

取り下げは、雇用保険と同画面から申請可能です。

使ってみてくださいね。


2020年3月6日金曜日

社会保険公文書様式変更対応について

令和2年2月28日19時以降に交付された社会保険公文書について、これまで横向き(1ページ)のレイアウトであったものが縦向き(2ページ)様式より変更となっております。

SR Officeでは従来のものは従来の様式で、変更後の様式については変更後のもので自動的にPDF表示されますので、これまでとおり、顧問先と公文書共有する場合には、「共有」ボタンをクリックするだけで簡単にご利用いただけます。また公文書からのデータ取り込みもご利用可能です。

ぜひ「共有」機能も使ってみてください。


2020年2月29日土曜日

SROfficeでテレワーク

新型コロナウイルスの感染対策で、政府は「時差出勤とテレワーク」を極力利用して、感染リスクの低減について協力を要請しています。

社労士さんの仕事に少しでも役に立つソフト開発を行うという目的を持ちスタートした弊社ソフト「SR Office」ですが、こういう場面でもお役に立てるかと思います。

SR Officeは、完全クラウドのウェブサービスとなっていますので、ネット環境さえ整えば極端な話、世界中どこからでも手続きを行い、顧問先から入退社等のデータを取り込み、公文書共有を簡単に行うことができます。

       いつでもどこでも、いつもと同じ作業を行うことができる

これからの時代、より一層、柔軟な働き方が求められるような気がします。


甥っ子が通う小学校では3月3日から臨時休校となりました。お子さんをお持ちのご家庭は急なことで大変だと思います。急速な拡大を食い止めるにはこの2週間が瀬戸際とのこと。少しでも早く終息に向かってほしいものです。






2020年2月26日水曜日

令和2年度協会健保保険料率変更対応、その他バージョンアップについて

いつもご利用ありがとございます。

最近でのバージョンアップはダッシュボードで通知しておりますとおりですが、以下抜粋です。
 
①令和2年度の協会けんぽ保険料率変更に対応
  令和2年度保険料額表

  保険料率は自動的に変更されます。
  また、事業所情報で社会保険料の支払月を「当月引き・翌月引き」を設定できますので、その設定により3月支給分または4月支給分より保険料額を変更表示いたします。

  保険料通知も事業主通知・個人通知で作成できますのでご活用ください。

②高年齢労働者にかかる雇用保険料免除措置終了による対象者一覧表示、通知文書作成機能
  高年齢労働者に係る雇用保険料免除措置終了に関する周知について

  令和2年4月1日以降、すべての雇用保険被保険者について雇用保険料の納付が必要となることでの事業所または対象者への通知としてご活用ください。

③雇用保険被保険者である外国人に係る届出

令和2年3月1日以降に、雇入れ、離職をした外国人については、雇用保険被保険者資格取得届および喪失届を提出する際に在留カード番号が必要となりましたので、PDFで様式作成できるようになりました。
なお、この様式については、令和2年度中に予定されております、雇用保険被保険者資格取得届および喪失届の様式改正(在留カード番号記載欄が追加)されるまでの暫定措置となります。

④固定的賃金変動月の登録
  給与入力の際、固定的賃金変動月の登録または任意事項を入力された場合、給与一覧からぱっと目視できるようになりました。
  月額変更手続きでも、その登録内容により、「月変対象」を表示されるのでよりわかりやすくなりました。
  この機能の活用により、月額変更漏れをなくしましょう!



今後もどんどん使いやすい機能をバージョンアップしていきますよ。



2020年2月12日水曜日

大阪府社会保険労務士会電子申請フェア参加報告

2月1日大阪府社会保険労務士会主催で開催されました「電子申請フェア」に参加してきました。


当日特に好評だった機能抜粋

  ①クラウドなのに、離職票「賃金支払い状況等」はエクセル形式で入力がスムーズ

  ②事業所・従業員データは電子申請の必要形式に合わせ全角・半角を自動変換登録

      ③社会保険公文書が何もしなくてもすぐPDF表示される(事業所との共有文書も)
 
地味ですが、こだわって作りこんだ機能に感動していただき、嬉しかったです。

弊社商品は、昨年5月全国リリースという全くの新参者ではございますが、当日は多くの先生方が話を聞いてくださりました。先生方からいただきまいした貴重なご意見は、また今後の開発に生かし、よりよい社労士専門ソフトとして進化してまいります。

今回参加についてお声がけいただきました大阪府社会保険労務士会の皆様、またお越しいただきました社労士の先生方、誠にありがとうございました。


各県会での電子申請研修会の参加等について承っておりますので、お気軽にお問合せください。

2020年1月30日木曜日

月間社労士1月号広告掲載

弊社商品、SR Office、月間社労士令和2年1月号に広告掲載いたしました。

SR Officeは、完全クラウドだからこそ

   事業所を丸ごと持ち歩く

ことが可能になります。


また、クラウドにデータが保存されていますので、社労士にとっては業務継続の必須事由であるデータ管理、これが自動的にバックアップされます。突発的事由によるデータ紛失のリスクを回避できるのではないでしょうか。

弊社ホームページから無料お試しもできますので、ぜひお気軽にお問合せください。