2019年6月25日火曜日

やりたい仕事のかたち

弊社は創業時から自社製品をつくりたいとの強い想いをもっていました。

自社製品がないということは、請負での業務がメインということになります。そういう仕事は、一生懸命つくった商品が結局自分たちの手から離れてしまい、つくっては手放す、つくっては手放すの繰り返しになります…これはIT業界の実態であり、ある意味ちょっとしたジレンマかもしれません。


弊社も同様、そこから抜け出したくても、何を作ればよいのか試行錯誤の日々でした。
そういう中で約2年前に受託の仕事を一切お断りし、ゼロからの出発を決意しました。


なぜ、うちが社労士ソフトなのか、社労士ソフトを自社開発すると決めたのか、ということですが、それはある時、弊社関連の社労士事務所で電子申請の作業を目にする機会があり、そこから、もっと使い勝手の良い本物のソフトを自分の技術であれば作ることができるというシンプルな導きでした。

後発商品ですが、どこで他のソフトと差別化を図るか。またどこで勝るものとするのか。新しい開発が始まっても試行錯誤の日々です。

何度も画面を変更し、プログラムを書いては書き直しの毎日です。開発は日々続いております。
ただこういう仕事がやりたかったのだと実感しています。自分の書いたプログラムがどんどん大きくなり、なにかを生み出そうとしてくれています。

弊社ソフトが少しでも皆様のお役に立てますように。そして社労士の皆様のやりたい仕事のかたちに少しでもお役に立てますように。



2019年6月19日水曜日

繁忙期ですが

社労士の皆様は現在、年度更新・算定手続きと繁忙期をお迎えのことと思います。

こんなお忙しい時期に新しいソフトの導入なんて考える余裕はないかもしれません。
が、弊社社労士向けソフトSR Officeでは無料お試し期間を設けておりますので、ちょっとした空き時間にお試しいただければ、弊社ソフトの「良さ」をご体感いただけると思います。

毎年の年度更新・算定業務も、月々の給与データをきちんと入力しさえしていればお時間がかかることなく電子申請していただけます。従業員の労働保険・雇用保険の加入区分が変更となった場合でも、従業員データの登録箇所を変更すれば、それ以降入力された給与データについては、変更後の労働保険区分に反映されたもので年度更新の集計がされます。結構月々のデータ管理は重要なのかなと思います。


だからこそ、入力は簡単に行いたいですよね。

SR Officeでは、社労士先生オリジナルの取り込み機能の作成もしておりますが、給与データは顧問先ごとにSR Office形式に簡単に設定可能です。給与データの取り込みを行い、社会保険料の間違いがないか、チェックもできます。

繁忙期ですが、ちょっと一息。お気軽にお問合せくださいね。


2019年6月17日月曜日

あるといいかも!

社労士ソフトSR Officeの便利機能の一つに顧問先事業所さんとのデータ共有機能があります。

入社、退社、従業員情報変更等事業所側からデータ入力してもらい、社労士の先生側は取り込みボタン1つで、データを取り込むことができます。


私はそそっかしいので、ちょっとしたことでよく入力ミスをしてしまいます。ものすごく注意を払って確認したつもりが、なぜかこれまでの人生、入力ミスをしてしまいます。どうもこれは私の特質のようです。こういうことが得意な方もおられますよね。本当にうらやましいです。


でももうこの特質はこの年齢まで生きてくると受け入れるしかありません。ので、この機能で入力ミスによるストレスをなくし、私と同じような方のちょっとでも手助けとなればと思います。またそうでなくてもコピーボタン1つでデータ取り込みできますから、かなり時短になるはずです。で、ここで空いた時間で相談業務等、より専門性の高いサービスを顧問先に提供できるのではないでしょうか。

社労士側がデータを取り込めば事業所側には「コピー済」と通知されますから、事業所側も「社労士さんやってくれてるな」とわかるので、顧問先にちょっとした安心もご提供できると思います。



今回の出張で、社労士の先生方から、社労士間で情報を共有できる機能が使いたいとのご要望をいただきました。

それ、あるといいですよね!新しい仕事の仕方でおもしろい!
  

2019年6月14日金曜日

3ステップ

社労士向けソフトSR Officeを使っての資格取得の流れについてご説明します。

① データ取り込み
         顧問先からの入社連絡票により簡単に情報を取り込むことができます



② 電子申請データ確認
   取り込んだデータから電子申請データを作成しますので入力ミスもありません


③ 送信
   作成した電子申請データを送信します




この3ステップで手続きは完了します。

あとは審査終了すれば、事業所さんとはワンクリックでデータ共有可能です。


日常的な手続きだからこそ、作業効率化したいものです。

2019年6月12日水曜日

データ取り込みサービス

新規にご利用いただく社労士の先生のオフィスを訪問しました。

その際、初期設定等お手伝いしました。
最初ご利用いただく際、これまでのデータを取り込む作業が大変だと思います。ので、こちらで無料サービスとしてご利用いただく先生オリジナルの取り込み機能を作成し、簡単に取り込みができるようフォローしております。

最初のご利用からストレスなくご利用いただければと思います。


2019年6月10日月曜日

開発者の顔が見える

先日は神戸に出張でした。
弊社製品SR Officeにご興味を持っていただいた先生より連絡をいただき、直接デモをさせていただきました。

SR Officeはクラウドシステムで社労士の先生方の業務効率を手助けするソフトとして開発しておりますが、先進的な技術やSNSが発達しても、アナログ的な「直接見ていただき感想をお伺いする」という機会は本当にありがたく、また重要なことだと感じています。

開発者の顔が見え、またこちら側は、ご利用いただく先生方の顔が見える...

そういうソフトでいいかもしれない。いや、そういうソフトがいい。

貴重なお時間、ありがとうございました。今回のご意見を反映し、よりよいソフトに進化してまいります。


 神戸でそばめし食べました。

2019年6月7日金曜日

「社会保険 届出等における添付書類及び署名押印取扱い一部変更について」 への対応

先日、社会保険 届出等における添付書類及び署名押印取扱い一部変更についてお伝えしたとおりですが、


   日本年金機構リンク先

署名・押印等の取扱いについては、事業主において、申請者本人が当該届出を提出する意思を確認した旨を各届出書の備考欄に記載することにより、申請者本人の署名又は押印を省略することが可能となります。電子申請においては、委任状を省略することが可能です。

弊社ソフトでも、備考欄に「届出意思確認済み」の文言を選択表示できるようになっております。
よろしくお願いいたします。