2020年5月25日月曜日

雇用保険被保険者データ抽出機能

これまで高年齢者雇用状況報告等のご記入のときに役立つように、雇用保険被保険者について、指定した日に一定の年齢区分での被保険者人数表示をする機能がありましたが、少しバージョンアップしました。

以下、改良内容
 ①対象者名を表示することができる
 ②詳細情報をエクスポートできる

ちょっとした改良ですが、お役に立つと嬉しいです。

これからの時期、社労士の先生方にとっては新型コロナの影響で助成金等通常業務以外の相談業務等も発生している中、超繁忙期に突入します。
年度更新については、申告期限は特例により8月末まで延長となりますが、やはり多くの先生方は顧問先への保険料通知等もありますので、通常とおりでの処理とお考えの方が多いと思います。
また算定については、例年とおり7月10日の提出期限となっております。新型コロナの影響で休業をされた顧問先もあると思いますが、今年の算定では、休業についても確認が必要になりますね。
超繁忙期、計画的な業務が求められます。

<一時帰休による休業手当等が支給された場合の定時決定等の例>
4月 5月 6月 7月 8月 9月 定時決定の算定対象月 随時改定月
1 5・6月
2 従前等級で決定
3 7月改定
4 4・5・6月
5 8月改定
6 4・5・6月
7 9月改定

  • ○:通常の報酬が支給された月
  • ☆:一時帰休解消
  • ●:一時帰休による休業手当等が支給された月
  • ★:一時帰休未解消

SR Officeでは、本年度は更にパワーアップし、年度更新・算定手続きをフォローできますよう、またなるべく早い段階で電子申請いただけます環境を整えたいと日々励んで開発を進めております。




2020年5月19日火曜日

2020年度版 年度更新(継続事業)・一括有期、算定手続きプログラム提供

全国に発令されていた緊急事態宣言が39県の地域を対象に解除され、解除後初めての週末でした。

しかしまだまだ宣言が継続される地域もあり油断は禁物です。

この状況が長く続き、社労士の先生方についいては顧問先の相談に追われていることと思います。雇用調整助成金またみなし失業なるもの、どれも詳細が各労働局やハローワークに通達される前に変更点や内容が報道されることから、こちらにも情報がないまま顧問先から問合せが・・・なんて状況に陥ってしまします。

いちはやい情報収集につとめたいものです。

またこのような状況でも年度更新・算定手続きの時期はやってきます。年度更新については、申告期限・納付期限は令和2年8月31日まで延長となっています。また所管の都道府県労働局に「労働保険料等納付の猶予申請書(特例)」等を提出することにより、労働保険料の納付が1年猶予することができます。
労働保険料等の申告・納付期限延長について

SR Officeでは、給与総支給額を取り込むことができますが、CSVフォーマットを作成しておけば、簡単に取り込むことができますので、毎月または定期的な定例業務として給与データを集め、きちんと入力されておくことをおススメいたします。そうすれば、昇給月の登録もできますから、月額変更漏れを防ぎ、賃金証明書も簡単に作成できます。また特にこの業務量の多い年度更新・算定時期に焦る必要もありません。
本年度のプログラムでは、年度更新は年度途中での雇用保険取得者・離職者を抜粋して表示する機能が追加されました。また雇用保険高年齢被保険者免除措置終了に伴い概算保険料では高年齢労働者分は計算されなくなっています。算定については、日給者・時給者、備考欄に☑がある被保険者を抜粋表示する機能を追加しました。
これにより年度更新の場合、年度途中から被保険者の区分変更がある場合もあるので、その確認がしやすくなり、雇用保険高年齢被保険者についても気にすることなく例年とおり通常の手順で書類作成可能となっています。また算定では月給者以外が抜粋表示されるので、算定基礎日数が入力しやすくなっています。

この繁忙期だからそ、SR Officeで手続き業務をより一層簡単に便利に見直ししましょう。

引き続き、テレワーク導入等の相談については承っております。
お気軽にお問合せください。








2020年5月7日木曜日

年度更新・算定手続きサービス提供時期

ゴールデンウィークも終わり、本日からフル稼働と行きたいところですが、新型コロナの影響でまだまだ通常とおりの日常とはいかない日々が続いております。

社労士の先生方は、通常業務に加えコロナ関係の相談業務も増えお忙しくされていることと思います。
今年の年度更新は、新型コロナの影響を踏まえ、6月1日から7月10日までの40日間を6月1日から8月31日までに延長されるようですが、もうしばらくすると年度更新・算定手続きの時期もやってまいります

今年の年度更新(一括有期含む)・算定手続きにおきましても、6月上旬なるべく早い時期にみなさまにサービス提供可能となるよう、また昨年よりより一層使いやすくなるよう改良も含め準備を進めております。

申請可能となりましたら連絡いたしますのでしばしお待ちを。
皆様の手続き業務の負担軽減に少しでもお役に立てますよう頑張ります。

なお、テレワーク導入についてのご相談も継続して承っております。お気軽にお問合せください。




2020年4月23日木曜日

月間社労士4月号広告掲載 いつでもどこでも同じ仕事を

月間社労士4月号に広告掲載いたしました。

年度更新算定手続きの繁忙期を迎える前に、社労士ソフトの導入をご検討されませんか?

弊社ソフトSR Officeは完全クラウド社労士専門ソフトとなっております。ネット環境が整えば、時間や場所にとらわれない仕事が可能となります。いつでもどこでも事業所と入社連絡等のやりとりを行い、そのデータを取り込み、電子申請・公文書共有を行うことができます。また事業所データ・従業員データ、これまでの申請データ等すべてクラウドに保存されているので、突発的事由によりデータ紛失するというリスクを低減することができます。

現在新型コロナの影響で、通常業務に加え、それに関する相談業務・助成金申請業務等増えていることと思います。SR Officeの導入により、手続き業務をより一層便利・簡単に見直してみませんか?


まずはお気軽にお問合せください。





2020年4月9日木曜日

社労士コラボ機能

入退社手続きが通常時期より増す4月ですが、新型コロナウイルス関係でのご相談も増え、社労士の先生方にとってはお忙しい時期だと思います。

そこで本日は、SR Officeの機能の一つ、名付けて「社労士コラボ機能」(むむ、名前にひねりがない⁈)についてお知らせいたします。

「社労士法人ではないけれど、他の社労士さんと一緒に特定の事業所のみ共同で受託する」ということはありませんか?
例えば、新しい受託先が従業員数が多くちょっと1人で受託するのは・・・なんてとき、他の社労士さんと、この特定の事業所のみ共同受託するということです。相談業務を受けるときでも、違う発想もあるかもしれないし、なんとなく1人より心強いですよね。
1人だと、お断りしたかもしれないお仕事でも、こういう新しい仕事の仕方により受託可能となるかもしれません。

SR Officeでは、この特定の事業所のみ、社労士間で共有することができます。それぞれの社労士事務所から、手続きの進捗状況を確認し、従業員情報・公文書の共有等が可能となります。

1人で仕事をしているとちょっと孤独なこともあるので、違う場所でも、たまに仲間と仕事ができるっていいなと思います。








2020年4月1日水曜日

どこでもいつもの仕事を

新型コロナ感染症の影響に伴い、厚生労働省は3月31日、各労使団体に対して大規模な感染拡大防止に向けた職場における対応を要請しています。

   労使団体への要請

感染拡大防止等に向けた対策では、喚起の徹底などの職場内感染防止行動の徹底、時差通勤などの通勤・外勤に関する感染防止行動の徹底、在宅勤務・テレワークの活用などを挙げています。


SR Officeは完全クラウドの社労士専門ウェブサービスとなっております。画面は小さくなりますが、モバイル対応もしております。

顧問先と従業員の採用から退職までの情報、公文書共有をSR Officeで簡単に行うことができますので、わざわざ顧問先に赴く必要もありません。また、社労士事務所に勤務されている従業員さんも、顧問先の情報はクラウドの保存されていますので、出勤を控えてもネット環境さえ整えば、どこでもいつもの仕事を行うことができます。

SR Officeを活用してのテレワークの導入等についてもお気軽にお問合せください。


なお、新年度を迎え、入退社の手続きが集中するため通常時期より電子申請データを送信した後、状況が「到達」「審査中」等となるまで時間を要します。本日は午前に申請したものが午後になってやっと「到達」「審査中」となっているようです。

SR Officeの電子申請では電子申請の進捗状況を自動的に変更しておりますが、状況確認をお急ぎになりたい場合は「更新」をしてみてください。ただし、上記の理由により状況は変わらないこともあります。




2020年3月23日月曜日

賞与支払届(再改良)

本日は、賞与支払届の再改良についてお知らせします。

いつも見えないところも徐々に改良しておりますが、今回は賞与支払届の改良です。
賞与額が1千万円以上の場合、これまで手入力で「9999999」と訂正し送信する必要がありましたが、自動的に電子申請可能な状態に変更し、送信することが可能となりました。
現物支給がある場合も同様です。

あまりないかもしれませんが、ちょっと改良です。
地味に、お役に立てれば。

因みに、4月からの子供手当拠出金料率変更対応済みです。

お知らせまで。